JCSS校正

▶ 校正サービスご利用の流れ


■■計測器送付先■■

宛先: 株式会社双葉測器製作所校正室

住所: 〒116-0012 東京都荒川区東尾久8丁目21−14

注)送付いただく際は、A4の書類が同梱できるサイズ以上の段ボールに梱包していただきますようお願いいたします。返送時に、請求書、納品書および校正証明書等を同梱してお送りいたします。


■■依頼事項■■

校正依頼品の仕様書、取扱説明書および配管接続・配線等に関する資料を事前にお送りください。圧力センサや圧力変換器等の場合は配線用コネクタまたはセンサケーブル等を依頼品に同梱してお送りください。

注)ご注文・お問い合わせの際は、御見積書に記載の見積番号をお知らせいただけますと幸いです。


▶ お問い合わせ方法

校正に関するご依頼の際は、お気軽に下記E-mailアドレスまでご連絡ください!

  • 他社製品の校正依頼のみに関するお問い合わせは『cal@futabass.co.jp』までご連絡ください。
  • 当社製品の解体整備、修理および校正等に関するお問い合わせは、『info@futabass.co.jp』までご連絡ください。

お問い合わせ、御見積依頼および校正に関するご相談の際には、製品仕様がわかる資料(製品の仕様書や取扱説明書など)と校正の依頼内容(校正点や圧力媒体)を記入した校正依頼書をお送りください。製品の仕様などに応じて、校正の可否・費用・納期等をこちらからご連絡いたします。弊社校正室にて校正した実績のある製品の場合、製品仕様がわかる資料と校正依頼書に加えて前回の校正証明書番号をご連絡いただきますと幸いです。


校正依頼書(PDF、Excel)はダウンロードしてお使いください。
PDFファイルへの入力は「Adobe Acrobat DC」または「Adobe Acrobat Reader DC」をご利用ください。

なお、現在弊社で対応可能な配管接続方法を以下のとおりです。

これ以外の配管接続はご依頼者様より継手をお借りして対応する場合も可能ですので、事前にご相談ください。

配管接続方法の種類サイズ
管用平行ねじ(Gねじ、旧PFねじ)1/2、1/4、1/8、3/8、5/8、6/8、7/8
管用テーパねじ(Rねじ、旧PTねじ)1/2、1/4、1/8、3/8
ユニファイネジ(UNFねじ)9/16-18 UNF
スウェージロック継手1/4、1/8、6mm
真空配管用フランジ(KFフランジ)KF16、KF25

▶ 校正証明書サンプル

JCSS校正をご依頼の際に発行される証明書のサンプルは下記よりご確認いただけます。

追加オプションでJCSS校正以外の作業をご要望いただいた際に発行される報告書のサンプルもご確認いただけます。

その他の提出書類でサンプルが必要な場合は、当社校正室までご連絡ください。

注記)サンプルは校正証明書の参考であり、実際に発行される書類とは異なります。

JCSS校正とは

JCSSとは、「Japan Calibration Services System」の略称であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度のことです。JCSS制度は、「計量標準供給制度」と「校正事業者登録制度」の二本柱から成り立っており、後者については独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が校正事業者認定制度として運営しております。


『校正事業者登録制度』とは、校正事業者を対象とした任意制度であり、計量法関係法規及びISO/IEC 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)の要求事項への適合などを登録基準としています。登録のためには、事業者からの申請に基づき、その事業者のマネジメントシステムの運営状態、校正手順、不確かさの評価手順、校正設備等について審査が行われます。審査を経て登録が認められたJCSS登録事業者は、その証として特別な標章の入った校正証明書を発行することができます。


JCSS標章やJCSS認定シンボル付きの校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保されています。これにより、校正結果の受け入れが円滑に行えるようになります。また、高い技術能力に裏付けされた信頼性の高い校正事業者が一目でわかるというメリットもあります。

▶ JCSS校正の活用方法およびメリット

① ISO・FSSC・HACCP・GMPなどのトレーサビリティが要求される計測器外部校正に関する要求事項への対応
 JCSS校正は国際規格ISO/IEC 17025「試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項」に適合していますので、自動車産業向けマネジメントシステム規格(IATF16949)などにおいては、外部試験所の校正証明書に国家認定機関のマークを含んでいることが要求されていますので、当社のJCSSが活用できます。

② 法的に制約される圧力計の管理及び計量法基準器検査に代わるトレーサビリティ校正への対応
・JCSS階層化における登録または認定事業者で標準器または校正用機器の校正を希望する方
・基準器検査に代わりトレーサビリティが確保された校正を希望される届出製造事業者・届出修理事業者の方
・高圧ガス保安法に係る事業者で基準器検査受検の条件に合わず特定計量器を管理される方

▶ 当社校正室の認定範囲

当社のJCSS認定範囲は以下よりアクセスすることが可能ですので、ご確認の際はこちらよりお願いいたします。

対象製品と当社設備

▶ JCSS校正対象範囲

品  目圧力媒体・圧力種類圧力範囲
錘形圧力天びん気体・ゲージ圧力1.5 kPa ~ 7000 kPa

気体・絶対圧力5 kPa ~ 350 kPa

液体・ゲージ圧力1 MPa ~ 500 MPa
デジタル圧力計気体・ゲージ圧力
1.5 kPa ~ 7000 kPa
(圧力センサのみは対応不可)気体・絶対圧力
5 kPa ~ 350 kPa

液体・ゲージ圧力
1 MPa ~ 500 MPa
液柱形圧力計(水、水銀)気体・ゲージ圧力
5 kPa ~ 200 kPa
機械式圧力計気体・ゲージ圧力
1.5 kPa ~ 7000 kPa

液体・ゲージ圧力
1 MPa ~ 500 MPa

▶ JCSS校正 圧力トレーサビリティ(例)

圧力JCSSトレーサビリティ体系

▶ 第1校正室

第1校正室

第1校正室は、温度(20±3) ℃、湿度(50±20) %、大気圧(1013±20) hPa の環境条件で管理しています。特定二次標準器(国家標準器によるjcss校正)を保管しており、こちらでJCSS校正を行っています。

製 品 一 覧
   KHP型 
   KHP-3型
   MHP型
   MHP-2型
   THP型
   THP-2型
   THP-5型
   HT-2型
   K型
   K型(水圧用)
   M型
   T型
   T3型
   O型
   A2型
   STD型
   STR型
   STR-H型
   P3D型
   P3EV型
   V1型・V2型
   V5型
   AP-01型
   AP-02型
   AP-03型
   AV-01型
   AV-02型
   APM-02型
   AP-H型
   H3型・H2型・H型
   L1型・S1型
   FS型
   針抜き
   FT型
   D型
   A型
JCSS校正パンフレット

JCSS校正パンフレット